エアコンはエコ家電の象徴とも言われます。消費電力がガンガン抑えられてきているからというのがその理由です。

自動調節してくれるエコ家電がスゴイ
自動調節してくれるエコ家電がスゴイ

最新式のエコ家電の代表格エアコン

エコ家電の代表格と言って、真っ先に思いつくのが、エアコンです。確かに、昔のエアコンの消費電力は、ビックリするほどのものでした。本当に、電力を消費し、それが次の月の電気料金にそのまま反映されてガッカリするといったことは、みなさんが経験していることではないでしょうか。では、なぜ、エアコンがエコ家電の象徴として、その代表格として君臨するようになったのでしょうか。家電と言えば、洗濯機も冷蔵庫も掃除機もありますが、エアコンだけがクローズアップされる、そのような現象が多く見受けられる、こういった現象は、偶然の産物なのでしょうか。それとも必然的にそのようになってきているのでしょうか。ここでは、エコ家電の代表格、エアコンについて述べてみたいと思います。

確かに、消費電力数十パーセントオフというのは、そういったフレーズでテレビ等でアナウンスしているのは、圧倒的にエアコンが多いといった現実に、意義を唱える人はいないでしょう。そのほかの掃除機や冷蔵庫、そして洗濯機に至るまで、その性能のアピールというのが多いというのが玄奘でしょうが、エアコンだけは、所費電力にこだわっているというのが玄奘です。この背景には、エアコンが、部屋を冷やすだけといった限定的な効果しかないためではないかと考えられ、商品としての差別化が非常に難しいからではないかとかんがえられるからです。それがために、勢い、消費電力をカットすれば販売台数が爆発的に増加するといった、ある意味、神話に近い、伝説が生まれたのでしょう。