エコ家電においてエアコンでは、温度と湿度を自動的に調節してくれるものがあります。一体化がポイントです。

自動調節してくれるエコ家電がスゴイ
自動調節してくれるエコ家電がスゴイ

エコ家電のエアコンでは温度と湿度の調節をしてくれる

温度計を見ると非常に温かいのにあまりそれが体感できないことがあります。逆にしっかりと体感できることもあります。実際の温度と、体感温度が異なるためにそのようなことが起こるのでしょう。日本では、四季があります。通常は温度の変化のみ気にしがちですが、温度だけでなく湿度も変化しています。夏は暑くて湿度は高めです。冬は寒くて湿度は低めです。そのとおりになると体感温度と、実際の温度が近づいて行くことになります。

一方、それと違う場合、体感温度とは違う感覚になる時があります。夏の暑いとき、湿度が低くなるとどう感じるでしょうか。除湿機などを利用するとわかると思います。汗をあまりかかなくなり、同じ温度でも涼しく感じることがあります。であれば、設定温度を少し上げても、快適になります。冬の場合は逆です。湿度を上げることで、温度を高く感じやすくなります。そのときに設定温度を下げても快適に過ごすことが出来ます。通常はエアコンと、加湿器や除湿機を別途使います。

あるエコ家電には、加湿機能、除湿機能が同時についています。そしてそのときの状況に合わせて、快適になるように調節してくれます。もちろん電気代のことを考えて、冬は設定温度を低く、夏は設定温度を高くしても快適になるようにです。加湿器や除湿機を使いすぎると、温度とのバランスが取れなくなる場合がありあす。一体化して、自動的に調節してくれるものだと、バランスが保たれますから、快適さが維持されます。