エコ家電のエアコンを使って、快適でありながら、電気の使用を抑えます。気流を加える仕組みにします。

自動調節してくれるエコ家電がスゴイ
自動調節してくれるエコ家電がスゴイ

エコ家電のエアコンでは気流を体に当てて涼しく感じる

夏の暑いとき、外にいるときはクーラーの恩恵を受けることはできません。その中で少しでも涼しく感じるために、扇子などで扇ぐことがあります。クーラーの涼しさには劣りますが、何もしないよりはましに感じます。そのほか、部屋の中にいるときも、クーラーを付ける前に扇風機で対応することがあります。それまですぐにクーラーをつけていましたが、扇風機でも何とか対応できる場合があります。電気が自由に使えたときはそれでも良かったと思います。

これからの意識としては、出来るだけ電気を使わず、でも快適に過ごせるように考えたいです。そのときに活用するのがエコ家電です。快適さは残しつつも、電気の使用量を抑えるような仕組みになっています。では、エアコンではどのようにするかです。一般的なものは、部屋全体の温度を下げる仕組みをとります。冷たい空気は上から下に下りますから、部屋全体に冷気がいきわたり、温度を下げるのです。でも部屋全体の温度を下げる必要があるかです。

電気を使わないためにも、設定温度を上げたいです。でも快適にしたいです。そこである機械では、気流を体に当てるような仕組みをとりました。冷たい風を体に当てるようにします。でも扇風機などのように強い風ではありません。ゆらゆらとした風になります。冷たい風を感じることができますから、体感温度は下がります。このとき、部屋の温度は少し高めに設定しても大丈夫です。その分電気を使わないので、エコにつながります。